VPNの選び方

中国で今使えるおすすめVPNまとめ|中国で検証し徹底比較【2020年最新版】

インターネット規制の厳しい中国では、私たちが普段使っている下記のようなサービスは、利用できません。

  • Facebook, Twitter, InstagramなどのSNS
  • Netflixなどの動画配信サービス(VOD)
  • LINE
  • Yahoo!
  • Google, Gmail, YouTube, Googleマップなどグーグルのサービス

通常、これらのサービスは中国のネット規制の対象となり、中国国内からアクセスできないようになっています。

ただし、VPNというセキュリティ技術を使うことで、中国からでも問題なくインターネットを楽しめるようになるので安心してください。

 

この記事では、中国で使えるおすすめのVPNを紹介していきます。

全てのVPNが中国で利用できるわけではなく、有料VPNでも中国では全く使い物にならない・不安定なVPNプロバイダーもあります。

数あるVPNの中から、実際に中国現地から利用できるか検証した結果おすすめのVPNを紹介していくので参考にしてみてください。

中国でインターネットを楽しむならVPNが必須

中国の国旗

中国で、日本にいるときと同じようにインターネットを楽しみたいのであれば、VPNは必須です。

中国では、VPNというセキュリティ技術を使わないと、中国当局のネット規制により、普段利用しているサービスへのアクセスが遮断されてしまいます。

中国ではインターネット検閲が行われている

そもそも中国では、「金盾」もしくは「グレートファイアウォール(Great Firewall : GFW)」と呼ばれるインターネット検閲システムがあり情報統制が行われています。

そのため、中国政府や中国共産党、政治家にとって都合の悪い情報にアクセスできないように制限がかけられており、VPNなしだと中国から下記のようなサイトにアクセスできません。

VPNなしだと中国から利用できないサービス例

  • Facebook, Twitter, InstagramなどのSNS
  • Netflixなどの動画配信サービス(VOD)
  • LINE
  • Yahoo!
  • Google, Gmail, YouTube, Googleマップなどグーグルのサービス

 

VPNを使い中国政府の情報規制を回避

中国政府のインターネット検閲を回避するのに必須なのが「VPN」です。

VPN(Virtual Private Network)とは、簡単にいうと「通信の暗号化などにより、インターネット上に安全なプライベートネットワークを構築するセキュリティ技術」のこと。

 

VPNとは?VPNの仕組み(ExpressVPN)

VPNをつかうと上記の画像のように、中国政府が監視しているインターネット上に、安全なプライベートネットワーク(トンネルのようなもの)を構築することで、規制をかいくぐり問題なくインターネットを楽しむことができます。

インターネット接続の匿名化・通信の暗号化により、中国当局による監視・ネット検閲を防ぐことができ、プライバシーが保護され、通信の安全性が保たれるようになります。

旅行や仕事、駐在、留学などで中国を訪れ、インターネットを楽しみたい方には、VPNは必須のアイテムだといえます。

VPNについてさらに詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。

【初心者向け】VPNとは?仕組み・メリット・デメリットをわかりやすく解説

続きを見る

 

 

中国で使えるおすすめのVPN

全てのVPNが中国から利用できるわけではありません。

実際に検証した結果、中国から利用できるVPNサービスは下記のとおり

中国で使えるおすすめVPN

  • ExpressVPN
  • UCSS(※正確にはVPNではなくShadowsocksです。後述)

この2つは、ネット上での口コミも評判がいいサービスなので初めての方でも安心して利用できます。

ExpressVPNには、30日間の返金保証がついているため、迷った方にはExpressVPNをおすすめします。

ExpressVPNが繋がらない・通信の調子がイマイチなときは、UCSSを利用してみるといいですよ。

 

ExpressVPN

ExpressVPN(エクスプレスVPN)

料金 1年プラン:$6.67/月(3ヶ月無料の特別割引あり)
6ヶ月プラン:$9.99/月
1ヶ月プラン:$12.95/月
無料体験 30日間返金保証
日本語対応 公式サイト・アプリは日本語 / サポートは英語推奨
対応デバイス Windows, Mac, iOS, Android, Linux, ルーター, Chrome, Firefox, Apple TV, Amazon Fire TV Stick, PlayStation, Nintendo Switch, Xboxなど
同時接続 5台
アプリ
ノーログ
サーバー数 94ヵ国 / 3000台以上
支払い方法 VISA, Mastercard, Amex, JCB, Discover, PayPal, bitcoin, Alipay, UnionPayなど

世界最速を誇り、海外で最も評価が高いVPNプロバイダーがExpressVPN

実際にいろんなVPNを使ってみましたが、通信速度・安定性ともにダントツで速く、中国で利用するのに一番おすすめできるVPNプロバイダーです。

ExpressVPNは、中国の規制により速度が落ちたり使えなくなるような他のVPNとは違い、長期に渡り中国から安定して通信できています。

運営元は、イギリス領ヴァージン諸島にあり、ログ(IPアドレスなどの個人情報のこと)も保存しておらず、ユーザーのプライバシーも守られています。

とにかくスピードが速いため、Netflixなど動画も快適に視聴できますよ。

Windows, mac OS, Android, iOS(iPhoneやiPad)はもちろん、他にも多くのデバイスに対応しています。

設定やアプリの操作も直感的にでき、初心者の方でも迷うことなく使えますよ。

公式サイト・アプリは日本語に対応しており、30日間の返金保証もあるため、まずはお試しで利用してみることをおすすめします。

ポイント

  • 世界最速のVPNプロバイダー
  • 中国などインターネット規制の厳しい地域でも快適
  • アプリがとても使いやすく初心者にもおすすめ

 

1年プラン+3ヶ月無料の特別割引プランを当サイト限定で用意して頂いたので、ぜひご活用ください。(30日間返金保証)

1年プランが3ヶ月無料【当サイト限定割引】

ExpressVPN公式サイト

※30日間返金保証

 

公式サイトやアプリも日本語に対応しており、具体的な設定手順については下記の記事で解説しています。

ExpressVPNの申し込み方法
ExpressVPNの登録・申し込み・設定の流れ

続きを見る

 

 

UCSS

料金 1年プラン:$108~
3ヶ月プラン:$36~
その他プラン:$13~
無料体験 なし
日本語対応
対応デバイス Windows, Mac, iOS, Android, Linux, OpenWrt, Merlin
同時接続 3台
アプリ
ノーログ
サーバー数 6~9ヵ国
支払い方法 クレジットカード, PayPal, Alipay, WeChatPay

UCSSは、VPNではなく、Shadowsocks専門のプロバイダーです。

Shadowsocks(シャドーソックス)とは、「中国のグレートファイアーウォール(GFW)と呼ばれるインターネット検閲システムを回避するために開発されたプロキシ(サーバー)」のこと。

Shadowsocksは、中国のインターネット検閲を突破するために開発されているため、通信のスピードや安定性が優れています。

ゲーマー専用プランがあるため、中国からゲームやNetflixなど動画視聴を楽しみたい方におすすめです。

ログも保存されておらず、通信の安全性やプライバシー保護が徹底されています。(※韓国サーバーのみアクセスログを記録しています。)

UCSSの本拠地は韓国なので中国の影響を受けることはなく、公式サイト・アプリが日本語に対応し日本人スタッフがサポートしてくれるため、英語が苦手な人にもおすすめです。

ただし、プランによっては通信量に制限があったり、お試し期間や返金保証はないため、まずはお試しで利用したい方は返金保証があり、通信料無制限のExpressVPNを使ってみましょう。

ポイント

  • VPNではなくShadowsocks専用のプロバイダー
  • Shadowsocksは中国からの通信スピードと安定性に優れている
  • 中国でゲームや高速なインターネット通信を楽しみたい方におすすめ

 

日本限定サービスに高速アクセス!

UCSS公式サイト

※日本人スタッフのサポートあり

 

設定方法について詳しくは下記の記事で解説しています。

UCSSの申し込み方法
UCSSの登録・申し込み・設定の流れ

続きを見る

 

 

中国で使えるおすすめVPN業者を比較

ExpressVPN UCSS
月額料金
※契約期間別
1年:$6.67/月(+3ヶ月無料)
6ヶ月:$9.99/月
1ヶ月:$12.95/月
1年プラン:$89~
3ヶ月プラン:$33~
その他プラン:$13~
無料体験 30日間返金保証 なし
日本語対応 公式サイト・アプリは日本語
対応デバイス Windows, Mac, iOS, Android
Linux, ルーター, Chrome, Firefox
Apple TV, Amazon Fire TV Stick
PlayStation,Nintendo Switch, Xbox
Windows, Mac, iOS, Android
Linux, OpenWrt, Merlin
同時接続台数 5台 3台
アプリ
ノーログ
プロトコル OpenVPN(TCP, UDP), IKEv2, L2TP/IPSec Socks5
サーバー数 94ヵ国 / 3000台以上 6~9ヵ国
支払い方法 VISA, Mastercard, Amex, JCB
Discover, PayPal, bitcoin, Alipay
UnionPayなど
クレジットカード, PayPal
Alipay, WeChatPay

中国で使えるVPNプロバイダーのスペックを比較してみました。

中国に滞在する期間や、使用するデバイスを考慮し、ご自身に適したサービスを選んでみてください。

 

動画配信サービス ExpressVPN UCSS
Netflix
U-NEXT
Hulu ×
Amazon Prime Video ×
DAZN ×
dTV
FODプレミアム
TELASA ×
TVer
AbemaTV ×
WOWOWオンライン ×
GYAO!
NHKオンデマンド

それぞれ視聴できる動画配信サービスは上記のとおりです。

 

まとめ

中国ではインターネット検閲が行われているため、中国から普段と同じようにインターネット楽しみたいならVPNは必須です。

中国で使えるおすすめVPN

  • ExpressVPN:イチオシ!30日間返金保証
  • UCSS:ゲームや動画視聴に最適(※正確にはVPNではなくShadowsocks)

上記のVPNに接続するだけで、中国から快適にインターネットにアクセスできるようになります。

申し込みも簡単で、設定完了まで10分もかかりません。

ExpressVPNは、当サイトから申し込むことで、1年プランに3ヶ月無料がついてくる特別割引が適用されるので、ぜひご活用ください。(30日間返金保証)

1年プランが3ヶ月無料【当サイト限定割引】

ExpressVPN公式サイト

※30日間返金保証

-VPNの選び方

© 2020 はじめてのVPN