VPNの選び方

無料VPNおすすめランキング|安全なPC・スマホアプリあり【2020年最新版】

なるべくお金はかけたくないから、VPNを無料で使いたい!

でも無料のVPNって危険って聞いたことがあるぞ・・・

なんか無料のVPNアプリでおすすめはないの?

VPNを初めて知ったとき、このような疑問を抱く方は多いのではないでしょうか?

 

実際、無料のVPNには無料でサービスを提供できるだけの理由があり、リスクは確実に存在します。

そのため、無料のVPNを利用する場合、信頼できるプロバイダーであるのかよく確認し、利用する必要があります。

 

この記事では、安心して無料で利用できるおすすめVPNプロバイダーを厳選して紹介していきます。

この記事でわかること

  • 無料でVPNの危険性
  • 無料で使えるおすすめVPNランキング
  • 無料で使えるおすすめVPNの比較

今回ご紹介する無料VPNはWindows, Mac, Android, iOSで問題なく使えるので、VPN選びの参考にしてみてください。

無料で使えるVPNの危険性

ハッカーによる不正アクセス(ハッキング)

大前提として、完全に無料で使えるVPN(free vpn)や、料金が安すぎるVPNの利用にはリスクがあり、注意が必要です。

そもそもVPNサービスを提供するには、サーバーの維持費・メンテナンス費・人件費などそれなりにコストがかかり、完全に無料で運営することは不可能。

 

完全に無料のVPNが無料でサービスを提供できるのには、以下のような理由があります。

  • 広告収入で運営が成り立っている
  • ユーザーの個人情報(IPアドレス・銀行やクレジットカード情報・SNSアカウント)やアクセスデータ(閲覧サイト・購買情報)の収集・転売
  • 完全にボランティアで運営されている

特に気を付けたいのが、ユーザー情報の収集・転売によるデータの悪用です。

自分の個人情報が悪用され、犯罪に利用されると、無料どころではなく、むしろ被害にあってしまう可能性もあります。

また、無料VPNは犯罪者が利用していたり、暗号化などセキュリティ面への不安要素などが多く、完全無料のVPNの利用はおすすめできません。

完全に無料で使えるVPNは、無料というメリット以上に、セキュリティの不安・通信のクオリティが悪いといったデメリットの方が多くなっていることは頭に入れておきましょう。

 

このような理由から、当サイトでは「有料VPNの無料期間や無料プランを利用すること」をおすすめしています。

有料でサービスを提供しているプロバイダーであるため、ノーログポリシーと強力な暗号化によりセキュリティ面も安心で、通信のスピードや安定性も問題ありません。

ノーログとは?

無料のVPNや一部の有料VPNサービスでは、ログと呼ばれる「ユーザーの閲覧サイト・どんなIPアドレスやサーバーから・何をダウンロードしたのか?利用機器やバージョン・ブラウザ情報などの個人情報」をユーザーから入手し保存しています。

一部の無料VPNプロバイダーは、ログを収集・転売している可能性があり、利用には注意が必要です。

一方、ノーログポリシーを掲げているVPNプロバイダーは、ログを保存していないため、ユーザーのプライバシーが保護され安心して利用することができます。

VPNとは何か?仕組みなど基本的なことを知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

【初心者向け】VPNとは?仕組み・メリット・デメリットをわかりやすく解説

続きを見る

 

 

無料で使えるおすすめVPNランキング

1位:TunnelBear

TunnelBear(トンネルベアー)

料金 3年プラン:$3.33/月
1年プラン:$4.99/月
1ヶ月プラン:$9.99/月
無料体験 毎月500MBまで無料
日本語対応 アプリは日本語
対応デバイス Windows, Mac, iOS, Android, Chrome, Firefox, Opera
同時接続 5台
アプリ
ノーログ
サーバー数 22ヵ国
支払い方法 VISA, Mastercard, Amex, bitcoin

TunnelBearはカナダのVPNプロバイダーで、毎月500MBまで無料で利用できます。

Twitterでツイートすることで、さらに1GBの通信容量が追加で無料になります。

メールアドレスだけで簡単に登録でき、スマホやパソコンのアプリも非常に使いやすいのが特徴です。

無料プランのサーバーも20ヵ国以上で、日本にも対応しており、ノーログポリシー・強力な暗号化によりセキュリティも安心して使えます。

ただ、無料プランの場合、通信スピードはイマイチなときがあります。

ポイント

  • カナダのVPNプロバイダーで毎月500MBまで無料
  • アプリが非常に使いやすく、日本のサーバーも対応
  • 通信スピードがイマイチなことがある

 

毎月500MBまで無料

TunnelBear公式サイト

※tweetするとさらに1GB無料

【図解】TunnelBear VPNの使い方|登録・申し込みから設定まで日本語解説
TunnelBearの登録・申し込み・設定の流れ

続きを見る

 

 

2位:Hide Me

Hide me(ハイドミー)

料金 2年プラン:$4.99/月(+2ヶ月無料)
1年プラン:$8.32/月
1ヶ月プラン:$12.95~
無料プラン
無料体験 1ヶ月あたり10GBまで無料、30日間返金保証
日本語対応 公式サイトは日本語
対応デバイス Windows, Mac, iOS, Android, Linux, ルーター, Amazon Fire OS, Chrome, Firefox
同時接続 10台(無料プランは1台)
アプリ
ノーログ
サーバー数 72拠点 / 1800台(無料プランは5拠点)
支払い方法 VISA, Mastercard, Amex, PayPal, bitcoin

Hide meは、マレーシアに登記されているVPNプロバイダーで、1ヶ月10GBまで無料で利用可能。

有料プランには、30日間の返金保証がついており、初めての方でもお試しで使いやすい環境が整っています。

クレジットカード不要で登録でき、アプリのクオリティも高いです。

注意点として、無料プランでは5拠点しか接続できず、日本は含まれていません。

通信速度は高速で、ノーログポリシーも保証しているため通信の安全性も保たれています。

ポイント

  • マレーシアに登記されており、1ヶ月10GBまで無料
  • 無料プランの場合、日本のサーバーは非対応
  • 通信速度は高速で快適

 

1ヶ月あたり10GBまで無料

Hide me公式サイト

 

【図解】hide me VPNの使い方|登録・申し込みから設定まで日本語解説
hide meの登録・申し込み・設定の流れ

続きを見る

 

 

3位:Windscribe

Windscribe(ウィンドスクライブ)

料金 1年プラン:$4.08/月
1ヶ月プラン:$9/月
ビルドプラン:1ロケーションにつき$1/月
無料体験 毎月10GBまで無料
日本語対応 公式サイトは日本語
対応デバイス Windows, Mac, iOS, Android, Linux, Chrome, Firefox, Opera
同時接続 無制限
アプリ
ノーログ 一部保持
サーバー数 63ヵ国(無料プランは10ヵ国)
支払い方法 VISA, Mastercard, Amex, PayPal, bitcoin, Paymentwall

WindscribeはカナダのVPNプロバイダーで、毎月10GBまで無料で利用できます。

アプリも比較的使いやすく、通信速度はそこそこで、暗号化も強力です。

無料プランの場合、10ヵ国しか利用できず、日本のサーバーはないことに注意してください。

完全なノーログサービスではありませんが、どのデータをどのくらいの期間保存しているかはサイトに明記されていますよ。

ポイント

  • カナダのVPNプロバイダーで毎月10GBまで無料
  • 無料プランの場合、日本のサーバーは非対応
  • 通信速度はそこそこで、強力な暗号化

 

 

【図解】Windscribe VPNの使い方|登録・申し込みから設定まで日本語解説
Windscribeの登録・申し込み・設定の流れ

続きを見る

 

ProtonVPN

ProtonVPN(プロトンVPN)

料金 Visionaryプラン:€24/月
Plusプラン:€8/月
Basicプラン:€4/月
Freeプラン
無料体験 無制限の無料プランあり
日本語対応 ×
対応デバイス Windows, Mac, iOS, Android, Linux, ルーター
同時接続 1~10台
アプリ
ノーログ
サーバー数 50ヵ国 / 800台以上(無料プランは3ヵ国)
支払い方法 クレジットカード, PayPal, Bitcoin

ProtonVPNはスイスのVPNプロバイダーで、無料で利用することができます。

ただ、無料プランの場合、通信速度に制限がかけられ、3ヵ国だけ利用できます。

日本のサーバーもありますが、速度制限の影響により、通信スピードはかなり遅く動画の視聴は難しいかもしれません。

プロトコルや暗号化面などセキュリティ対策に力を入れているプロバイダーなので、セキュリティの甘いフリーWiFiにVPN接続しちょっとした作業をしたい方などはチェックしてみてください。(動画の視聴は無料だと厳しい印象)

もちろんノーログポリシーを保証しているので安心して利用できますよ。

ポイント

  • スイスのVPNプロバイダーで、無料で利用可能
  • 無料プランでも日本のサーバーに対応
  • 無料プランは速度制限がかけられ通信スピードは遅い

 

 

 

VPN Gate

VPN Gate(VPNゲート)

料金 無料
無料体験 無料
日本語対応
対応デバイス Windows, Mac, iOS, Android
同時接続 無制限
アプリ ×
ノーログ ×
サーバー数 7ヵ国 / 10000台以上
支払い方法 無料

VPN Gateは、筑波大学がボランティアで運営しているVPNサービスです。

無料で利用できますが、設定はやや難しく、初心者にはあまりおすすめできません。

日本のVPNサーバーは利用できます。

ただ、検閲用ファイアウォールなどインターネット規制対策が運営の目的なので通信速度・安定性・セキュリティ面はイマイチです。

ポイント

  • 筑波大学がボランティアで運営しているVPNサービス
  • 無料で利用可能だか通信面・セキュリティ面に不安あり
  • 設定は手動で初心者には難しい

 

 

 

 

まとめ|無料で使えるおすすめVPN比較

TunnelBear Hide me Windscribe ProtonVPN VPN Gate
月額料金
※契約期間別
3年プラン:$3.33/月
1年プラン:$4.99/月
1ヶ月プラン:$9.99/月
2年プラン:$4.99/月(+2ヶ月無料)
1年プラン:$8.32/月
1ヶ月プラン:$12.95~
無料プラン
1年プラン:$4.08/月
1ヶ月プラン:$9/月
ビルドプラン:1ロケーション$1/月
Visionaryプラン:€24/月
Plusプラン:€8/月
Basicプラン:€4/月
Freeプラン
無料
無料体験 毎月500MBまで無料 1ヶ月10GBまで無料
30日間返金保証
毎月10GBまで無料 無制限の無料プランあり 無料
日本語対応 アプリは日本語 公式サイトは日本語 公式サイトは日本語 ×
対応デバイス Windows, Mac, iOS, Android
Chrome, Firefox, Opera
Windows, Mac, iOS, Android,
Linux, ルーター, Chrome, Firefox
Amazon Fire OS
Windows, Mac, iOS, Android
Linux, Chrome, Firefox, Opera
Windows, Mac, iOS, Android
Linux, ルーター
Windows, Mac, iOS, Android
同時接続台数 5台 10台(無料プランは1台) 無制限 1~10台 無制限
アプリ ×
ノーログ 一部保持 ×
サーバー数 22ヵ国 72拠点  / 1800台
無料プランは5拠点
63ヵ国
無料プランは10ヵ国
50ヵ国 / 800台以上
無料プランは3ヵ国
7ヵ国 / 10000台以上
支払い方法 VISA, Mastercard, Amex, bitcoin VISA, Mastercard, Amex
PayPal, bitcoin
VISA, Mastercard, Amex
PayPal, bitcoin, Paymentwall
クレジットカード, PayPal, Bitcoin 無料

無料で使えるVPNを比較してみました。

基本的にPC(Windows、Mac)やスマホ(アンドロイド、iPhone, iPadなどiOS)では利用できますが、他にもそれぞれ対応しているデバイスがあるので参考にしてみてください。

 

今回は、無料のVPNをご紹介しましたが、無料だと接続できるサーバーや通信速度に制限がかかります。

無制限で、快適にインターネットを楽しみたい方は、有料のVPNを利用することをおすすめします。

有料VPNは、月に数百円~のコストで利用でき、無料期間や返金保証もついており初めての方でもお試しで利用できる環境が整っています。

有料なだけあり、通信速度やセキュリティは無料サービスとは段違いなので、気になる方はぜひ試してみてください。

ちなみに中国で使うなら今回ご紹介した無料VPNではなくExpressVPNがおすすめなので参考までに。

-VPNの選び方

© 2020 はじめてのVPN