レビュー・検証結果

【本音】AtlasVPNの評判まとめ|実際に使ったリアルな感想・レビューも解説

AtlasVPNが気になるけど評判はいいの?

実際にAtlasVPNを使っているユーザーの声が聞きたい!

このような悩みに答えるために、この記事では、

  • AtlasVPNの評判と口コミ
  • AtlasVPNを実際に使ってみたレビュー・感想

について解説していきます。

実際に、海外からAtlasVPNの無料版・有料版それぞれを使って検証し感じたメリット、デメリットを解説していくので、参考にしてみてください。

 

AtlasVPNの総合評価 

AtlasVPN(アトラスVPN)

簡単に結論をまとめると、 AtlasVPN はサーバーが少ないのでジオブロック解除や動画視聴にはイマイチですが、格安で同時接続が無制限なためコスパ重視でセキュリティを強化したい方におすすめです。

なお、無料版には日本サーバーが含まれていないため、海外から日本限定サービスにアクセスする目的では利用できません。

※無料で利用したい方は AtlasVPN公式サイト からアプリをダウンロードしてください。

メリット

  • 1ヶ月5GBまで無料。速度制限なし
  • コストパフォーマンスは最安クラス
  • 同時接続台数は無制限

デメリット

  • 無料版に日本サーバーはない
  • サーバー、視聴できるストリーミングサービスが少ない
  • ブラウザ拡張機能やゲーム機は非対応
  • 本拠地がアメリカ → 5-Eyes
  • 2019年設立と歴史は浅い

こんな人におすすめ

  • 無料でVPNを利用したい方 (日本サーバーがないので海外から日本限定サービスアクセス以外の目的)
  • コストを抑えてセキュリティを強化したい方
  • 家族など複数人でVPNを利用したい方

30日間返金保証

AtlasVPN公式サイト

※30日以内に解約すれば実質無料

AtlasVPNの特徴

AtlasVPN(アトラスVPN)

料金 3年プラン:$1.83/月 +3ヶ月無料
1年プラン:$3.29/月
1ヶ月プラン:$10.99/月
無料体験 1ヶ月5GBまで無料
30日間返金保証
日本語対応
対応デバイス Windows, Mac, iOS, Android, Linux, Android TV, Amazon Fire TVなど
同時接続 無制限
アプリ
ノーログ
サーバー数 45ヵ国以上 / 750台以上(無料プランは日本を含まない3拠点)
支払い方法 VISA, Mastercard, Diners Club, Amex, JCB, Discover, Google Pay, PayPal, 仮想通貨

AtlasVPN (アトラスVPN)は、2019年にアメリカで設立された格安VPNプロバイダーです。

サーバーが少なく対応デバイスは必要最低限ですが、低価格で同時接続台数が無制限なためコスパに優れるといった特徴があります。

無料版のロケーションは3拠点で、1ヶ月5GBまで速度制限なく使えますが、日本のサーバーは含まれていません。

ポイント

  • 本拠地はアメリカの格安VPN
  • 無料版は1ヶ月5GBまで (速度制限なし、日本サーバー非対応)
  • 無料版・有料版どちらも同時接続台数が無制限

 

30日間返金保証がついているため、気軽にお試しで利用できますよ。

30日間返金保証

AtlasVPN公式サイト

※30日以内に解約すれば実質無料

 

 

AtlasVPNの評判・口コミ

レビュー

実際にAtlasVPNを利用しているユーザーの口コミを調査してみました。

下記の3点について良い評判・イマイチな評判をまとめて紹介していきます。

  • 通信速度・安定性
  • 料金
  • サポート

 

AtlasVPNの良い評判・口コミ

残念ながら、日本語でのAtlasVPNの口コミは少なかったので、英語での口コミを翻訳し紹介していきます。

通信速度・安定性に関する良い評判

私は有料版を持っていますが、数ヶ所のロケーションなら無料版もあるはずです。彼らのウェブサイトをチェックしてみてください。もし良い無料のVPNが必要なら、Atlas VPNをチェックしてみてください。あなたが得るのは2つのロケーションだけですが、仕事をするには十分いいです。また、アトラスでは速度がそれほど落ちないので、試してみてください。

 

インターネットの速度は問題ないのでしょうか?他のロケーションでの接続は試されましたか?アトラスVPNでは、各ロケーションはかなり速いです。

 

料金に関する良い評判

買い物をすることで、あなたは本当に大金を節約することができます。例えば、以前私はロジャースの高速インターネットに月額120ドルを支払っていましたが、今では私はFIDOから同じものに月額50ドルを支払っています。今、私はVPNプロバイダを変えて大金を節約しています。ExpressVPNで月額10ドル払っていたのが、Atlas VPNで月額2.5ドルになりました。

 

私はアトラスにしました、それは私が見つけた中で最も安いもので、2年間で50ドルでした。約7年前に購入したTigerVPNの38ドルの生涯サブスクリプションほど安くはありませんが、すべての良いものには終わりを迎えなければいけません。

 

はい... アトラスVPNです。NordVPNによって所有され、運営されていると思いますが、より良い価格です。

 

サポートに関する良い評判

アトラスVPNはかなりまともで、トラブルがあってもすぐに対応してくれます。現在、私が使用しているときは、私のインターネットが驚くほど遅いため、時々切断されることがあります。でも、また、変な問題があって、私はアップデートのために無料インストーラーを再ダウンロードしなければいけません。

 

 

AtlasVPNのイマイチな評判・口コミ

通信速度・安定性に関する良くない評判

後述しますが、AtlasVPNはサーバー数が少ないため、AtlasVPNを使用して視聴できるストリーミングサービスは、それほど多くありません。

 

料金に関する良くない評判

料金に関する、不満の声は見当たりませんでした。

 

サポートに関する良くない評判

70ドルを支払いましたが、まだ「無料」アカウントと表示されています。なぜ私のアカウントはアップグレードされないのでしょうか?チャットサポートを試しましたが、誰もいませんでした。

 

atlasvpnにしようと思ったのですが、どうやら彼らは興味がないようです。メッセージを送りましたが、返信はなく、彼らは24時間年中無休サポートと言いました。

 

@Atlas_VPNIさん、6月23日にサポートにメールしてアカウントをキャンセルしましたが、連絡がなく、請求されました。メールがダメなので、誰かTwitterを見ている人がいるかもしれません?

 

@AtlasVPN あなた方から返事をもらうのはとても難しいです。私はサポートに3通のメールを送り、Twitterでメッセージを送りましたが、あなた方からはコオロギのような声でした。どうしたんですか?

 

AtlasVPNは日本語に対応していないので、最低でも中学生レベルの英語力は必須です。

英語が苦手な方は、Google翻訳DeepLを活用しましょう。

 

 

AtlasVPNの評価・レビュー【実際に使用し検証済】

実際に海外から AtlasVPN を使用した感想・評価レビューを解説していきます。

 

通信速度・安定性 

順位 サービス名 ダウンロード アップロード PING
1位 ExpressVPN -11% -8% +420%
2位 NordVPN -18% -64% +476%
3位 UCSS -23% -27% +756%
AtlasVPN -28% -74% +5100%
CyberGhost -33% -26% +504%
VyprVPN -59% -86% +416%
Surfshark -62% -72% +740%
12VPN -63% -91% +2200%
Hide me -77% -62% +368%

※各社、サーバーは日本を選択
※ダウンロード・アップロード:VPN使用時の通信速度の低下率(※VPNの仕組み上、VPN使用時は通常時に比べて通信速度は低下します)
※Ping値:応答速度のこと。一般的には数値は低いほど高速。この表ではVPN使用時のPing値の増加率を表す(※VPNの仕組み上、VPN使用中は数値が増加=応答速度は遅くなります)

実際に海外から通信速度を検証し、他のVPNと比較してみました。

AtlasVPNの日本サーバーのスピードは、ダウンロードはまずまずで、動画の視聴には問題ありません。

しかし、アップロードとPINGがよくないので、オンラインゲームなどには不向きでしょう。

Ping値とは?

Ping値(ピン値・ピング値)とは、パケット(分割されたデータ)が送信されて戻ってくるまでの時間のこと。

要はレスポンスの速さ、応答速度です。※単位はms(ミリセカンド)

 

動画視聴可否 

動画配信サービス AtlasVPN
Netflix
U-NEXT
hulu
Prime Video
DAZN
dTV
FODプレミアム
TELASA
TVer
AbemaTV
WOWOWオンライン
GYAO!
NHKオンデマンド
Paravi

実際に海外からAtlasVPNを使い、各動画配信サービス(VOD)を視聴できるか検証してみました。

AtlasVPNは、サーバーが少ないので、視聴できるストリーミングサービスは多くありません。

サーバー数の少なさ、視聴できるストリーミングサービスの少なさは、AtlasVPNのデメリットだと言えます。

各動画配信サービスにおすすめのVPNは、各動画配信サービスの視聴におすすめのVPNで解説しているので参考までに。

 

料金・支払い方法 

月額料金表 ExpressVPN NordVPN AtlasVPN CyberGhost VyprVPN Surfshark
3年プラン - - $1.83 - - -
2年プラン - $3.71 - - $2.50 $2.49
1年プラン $6.67(+3ヶ月無料) $4.92 $3.29 $2.75(+6ヶ月無料) $3.75 $4.98
6ヶ月プラン $9.99 - - $7.99 - -
1ヶ月プラン $12.95 $11.95 $10.99 $12.99 $12.95 $12.95
返金保証 30日間 30日間 30日間 45日間
1ヶ月プランは14日間
30日間 30日間

※プロモーションで料金が変更されている可能性があります。最新の料金プランは各公式サイトからご確認ください。

AtlasVPNの料金は、最安値クラスです。

同時接続台数が無制限なため、コストパフォーマンスは間違いなく業界トップレベルだといえます。

 

支払い方法は、下記のとおり

  • クレジットカード:VISA, Mastercard, Diners Club, American Express, JCB, Discover
  • Googlepay
  • PayPal
  • 仮想通貨

30日間返金保証がついているので、試しに使ってみて、イマイチなら保証期間内に解約・返金してもらうことで実質無料で利用できます。

 

AtlasVPNには、月間5GBまで使える無料プランも用意されています。

無料プランで使えるサーバー

  • オランダ (アムステルダム)
  • アメリカ (ロサンゼルス)
  • アメリカ (ニューヨーク)

無料プランで利用できるロケーションは、上記の3つで、速度制限はなく、無制限のデバイスに接続できます。

残念ながら無料プランには日本のサーバーはないため、日本のサービスのジオブロック解除には利用できません。

お試しでAtlasVPNの日本のサーバーを利用したい方は、有料プランの30日間返金保証を活用しましょう。

無料プランを利用したい方は、まずは AtlasVPN公式サイト からアプリをダウンロードしてください。

 

設定・使いやすさ 

AtlasVPNが対応しているデバイス

Windows, Mac, iOS, Android, Linux, Android TV, Amazon Fire TVなど

AtlasVPNは、パソコンやスマホなど基本的なデバイスに対応していますが、Googleなどブラウザの拡張機能には非対応です。

また、PlayStationやXboxなどゲーム機には対応していません。

 

プロトコルは、WireGuard, IPSec/IKEv2 (AES-256/ChaCha20)に対応しています。

各デバイスでの設定方法は、当サイトで日本語解説しているので参考にしてください。

 

安全性 

AtlasVPN (アトラスVPN)は、2019年にアメリカで設立され、2021年にはNord Security (VPN業界最大手であるNordVPNの運営元)の傘下に入りました。

NordVPNと同じグループで、非常にお手頃な価格でVPNサービスを提供する格安VPNプロバイダーという位置づけです。

 

ただし、AtlasVPNの拠点は米国であるため、5-Eyesというスパイ協定の影響を受ける点には注意が必要です。

要するに、法律上、政府に情報提供を求められたら、AtlasVPNは要請に従い情報を提出しなければならない立場にあります。

そのため、VPNを使って犯罪やグレーなことをしない限り特に問題ありませんが、

完全にプライバシーを守りたいのであれば、ExpressVPNNordVPNなどスパイ協定の影響を受けない国で運営されているVPNを選ぶ必要があります。

 

AtlasVPNには、下記のような機能も用意されています。

  • Data Breach Monitor:検知メカニズムにより、インターネット上に個人情報などのデータが漏洩していないか調査できる機能
  • キルスイッチ:VPN接続が不安定になった場合に、使用中のデバイスのオンラインアクティビティを停止し、プライバシーを保護する機能
  • スプリットトンネリング:一部のデバイスやアプリはローカルネットワーク、一部のデバイスやアプリはVPNに接続し、データを保護する機能
  • SafeBrowse:広告やトラッカーといった追跡プログラム、マルウェア、疑わしいWebサイト、フィッシングサイトをブロックする機能
  • SafeSwap Servers:接続時に複数のIPアドレスから同時にWebにアクセスできる機能。絶え間なくIPアドレスが変わるイメージ
  • MultiHop+ Servers:複数の異なるVPNサーバーを経由し接続する機能 (例:イギリスのサーバーの後に、ドイツのサーバーを経由)

 

AtlasVPNは、ユーザーの個人情報であるログを一切保持しない「ノーログポリシー」を掲げています。

ユーザーのアクセスログが一切保存されていないため、ユーザーのプライバシーが保護されています。

AtlasVPNがサービス提供・改善のために保持している情報は下記のとおり

  • メールアドレス:アカウント作成のため。
  • 支払い情報:支払いと返金のため。
  • 通信データ:メールアドレスやライブチャット利用時のIPアドレス。
  • SNSアカウントデータ:AtlasVPNのSNSアカウント (Facebook、Twitter、Reddit、LinkedIn、YouTube、Instagram、TikTok など)とやり取りした場合。
  • AtlasVPNのウェブサイトで収集される情報:アクセスログ (IP アドレス、ブラウザの種類、OSなど)やクッキー (Cookie)。
  • アプリ使用時に収集されるデータ:イベント情報、アプリの設定情報、アカウント情報など。
  • 技術的な情報:ユーザーにとって最適なサーバーを推奨するため。

ノーログとは?

一部のVPNサービスでは、ログと呼ばれる「ユーザーの閲覧サイト・どんなIPアドレスやサーバーから・何をダウンロードしたのかという個人情報」を保存しています。

ノーログポリシーを掲げているVPNプロバイダーは、ログを保存していないため、ユーザーのプライバシーが保護されているといえます。

 

 

サポート 

無料プランのサポートは、24時間年中無休のメールサポートのみ対応しています。

有料プラン(プレミアムプラン)は、24時間年中無休のライブチャットサポートに対応しています。

日本人スタッフはいないので、英語が苦手な方はGoogle翻訳DeepLを活用しましょう。

 

 

まとめ

AtlasVPNの総合評価 

AtlasVPN(アトラスVPN)

簡単に結論をまとめると、 AtlasVPN はサーバーが少ないのでジオブロック解除や動画視聴にはイマイチですが、格安で同時接続が無制限なためコスパ重視でセキュリティを強化したい方におすすめです。

なお、無料プランには日本サーバーが含まれていないので、海外から日本限定サービスにアクセスする目的では利用できません。

※無料で利用したい方は AtlasVPN公式サイト からアプリをダウンロードしてください。

メリット

  • 1ヶ月5GBまで無料。速度制限なし
  • コストパフォーマンスは最安クラス
  • 同時接続台数は無制限

デメリット

  • 無料プランに日本サーバーはない
  • サーバー、視聴できるストリーミングサービスが少ない
  • ブラウザ拡張機能やゲーム機は非対応
  • 本拠地がアメリカ → 5-Eyes
  • 2019年設立と歴史は浅い

こんな人におすすめ

  • 無料でVPNを利用したい方 (日本サーバーがないので海外から日本限定サービスアクセス以外の目的)
  • コストを抑えてセキュリティを強化したい方
  • 家族など複数人でVPNを利用したい方

AtlasVPN は、サーバー数や動画視聴などの面ではExpressVPNNordVPNに劣りますが、格安で無制限のデバイスに接続できる点が大きな魅力です。

とにかくコストを抑えて、無料WiFiを安全に使用するなど最低限のセキュリティ対策をしたい方は検討してみてはいかがでしょうか?

AtlasVPNの無料版はサーバーが3つで、使用量は5GBまでと使うメリットは少ないので、まずはお試しでという方は、30日間の返金保証がついている有料版を使ってみるといいですよ。

30日間返金保証

AtlasVPN公式サイト

※30日以内に解約すれば実質無料

AtlasVPNの登録・設定方法については下記の記事をご覧ください。

【図解】AtlasVPN(アトラスVPN)の使い方|登録・申し込みから設定まで日本語で解説
AtlasVPNの登録・申し込み・設定の流れ

続きを見る

-レビュー・検証結果