レビュー・検証結果

【本音】12VPNの評判まとめ|実際に使ったリアルな感想・レビューも解説

12VPNの評判はいいの?

中国でちゃんと使える??

実際に12VPNを利用しているユーザーの感想が知りたい!

このような悩みに答えるために、この記事では、

  • 12VPNの評判と口コミ
  • 12VPNを実際に使ってみたレビュー・感想

について解説していきます。

実際に12VPNを海外から利用し検証した結果、良いところ、悪いところを解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

 

12VPNの総合評価 

12VPN

 

簡単に結論をまとめると、12VPNは、中国のインターネット規制に強く、中国のサイト閲覧や、中国から快適にインターネットを楽しみたい方におすすめです。

サービスは日本語非対応で、設定が若干面倒といったデメリットがありますが、当サイトですべて日本語で解説しているので参考にしてみてください。

12VPN公式サイト (中国からアクセス)

12VPN公式サイト (中国以外からアクセス)

【図解】12VPNの使い方|登録・申し込みから設定まで日本語解説
12VPNの登録・申し込み・設定の流れ

続きを見る

メリット

  • 中国に特化し、中国のインターネット規制に強い
  • 中国専用リンクで中国から申し込み可能
  • プロトコルが豊富

デメリット

  • 日本語非対応なので英語必須
  • 設定が若干面倒
  • チャットサポート非対応(メールのレスポンスは早い)

こんな人におすすめ

  • 中国から快適にインターネットを楽しみたい方
  • 海外のサイトだけでなく、中国のサイトも閲覧したい方
  • 英語に苦手意識がない方

当サイト限定で30%オフになる特別割引クーポンを用意して頂きました。

支払い時にPromo code欄に「thebestvpn」とご入力ください。

30%割引コード → thebestvpn

12VPNに中国からアクセス

※14日間返金保証

30%割引コード → thebestvpn

12VPNに中国以外からアクセス

※14日間返金保証

12VPNの特徴

12VPN

 

料金 1年プラン:$5.99/月
6ヶ月プラン:$8.99/月
1ヶ月プラン:$10.99/月
無料体験 14日間返金保証
日本語対応
対応デバイス Windows, Mac, iOS, Android, Linux, Chrome, ルーターなど
同時接続 6台
アプリ
ノーログ
サーバー数 40ヵ国以上
支払い方法 VISA, Mastercard, Amex, Alipay, UnionPay, PayPal, BitPay

12VPNとは、元々、香港の老舗VPNプロバイダーで、現在はオランダのWanwire B.V.社が提供するVPNサービスです。

中国のインターネット規制に強く、中国から快適にネットサーフィンはもちろん、中国専用リンクで中国から申し込めたり、中国国内のサイト閲覧ができるのが特徴です。

サービスは日本語非対応で、スマホアプリの設定が若干面倒といったデメリットがありますが、当サイトですべて日本語で解説しているのでご安心ください。

12VPN公式サイト (中国からアクセス)

12VPN公式サイト (中国以外からアクセス)

【図解】12VPNの使い方|登録・申し込みから設定まで日本語解説
12VPNの登録・申し込み・設定の流れ

続きを見る

ポイント

  • 元々は香港の老舗VPNプロバイダー、現在はオランダのWanwire B.V.社が運営
  • Shadowsocksやv2Rayが利用でき、中国に特化したサービスを展開
  • 日本語非対応、チャットサポート非対応だが、メールのレスポンスは早い

 

14日間返金保証がついているため、気軽にお試しで利用可能です。

当サイト限定で30%オフになる特別割引クーポンを用意して頂きました。

支払い時にPromo code欄に「thebestvpn」とご入力ください。

30%割引コード → thebestvpn

12VPNに中国からアクセス

※14日間返金保証

30%割引コード → thebestvpn

12VPNに中国以外からアクセス

※14日間返金保証

 

 

12VPNの評判・口コミ

レビュー

実際に12VPNを使っているユーザーの口コミを調査してみました。

下記の3点について良い評判・良くない評判をまとめて紹介していきます。

  • 通信速度・安定性
  • 料金
  • サポート

 

12VPNの良い評判・口コミ

通信速度・安定性に関する良い評判

このように12VPNの通信速度に関する評判はなかなか良いです。

特に、中国から12VPNを使用しているユーザーが多く、中国で使えるVPNとして信頼性が高い結果となりました。

 

料金に関する良い評判

コスパという観点からも高い評価を得ています。

 

サポートに関する良い評判

12VPNのサポートはチャットには対応していませんが、メールのレスポンスが非常に早く、ネット上での評判はかなり良いです。

 

 

12VPNのイマイチな評判・口コミ

通信速度・安定性に関する良くない評判

中国での通信速度は、 UCSS がトップクラスに速く安定しており、オンラインゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

しかし、UCSSは他のVPNと比べると高額であるため、お財布との相談になってきます。

 

料金に関する良くない評判

12VPNは、中国で使えるVPNの中では安い方です。

中国でまともに使えませんが、とにかく安いVPNをお探しの方には、SurfSharkCyberGhostがおすすめです。

 

サポートに関する良くない評判

12VPNは日本語に対応していないため、最低でも中学生レベルの英語力は必須です。

英語が苦手な方は、Google翻訳DeepLの使用をおすすめします。

 

 

12VPNの評価・レビュー【実際に使用し検証済】

実際に海外から 12VPN を使用した感想・評価レビューを解説していきます。

 

通信速度・安定性 

順位 サービス名 ダウンロード アップロード PING
1位 ExpressVPN -11% -8% +420%
2位 NordVPN -18% -64% +476%
3位 UCSS -23% -27% +756%
CyberGhost -33% -26% +504%
VyprVPN -59% -86% +416%
Surfshark -62% -72% +740%
12VPN -63% -91% +2200%
Hide me -77% -62% +368%

※各社、サーバーは日本を選択
※ダウンロード・アップロード:VPN使用時の通信速度の低下率(※VPNの仕組み上、VPN使用時は通常時に比べて通信速度は低下します)
※Ping値:応答速度のこと。一般的には数値は低いほど高速。この表ではVPN使用時のPing値の増加率を表す(※VPNの仕組み上、VPN使用中は数値が増加=応答速度は遅くなります)

実際に海外から通信速度を検証し、他のVPNと比較してみました。

12VPNの日本サーバーのスピードは、そこまで速くない結果となりました。

Ping値は、あまりよくありませんが、動画の視聴は問題なく可能です。

Ping値とは?

Ping値(ピン値・ピング値)とは、パケット(分割されたデータ)が送信されて戻ってくるまでの時間のこと。

要はレスポンスの速さ、応答速度です。※単位はms(ミリセカンド)

 

動画視聴可否 

動画配信サービス 12VPN
Netflix
U-NEXT
hulu
Prime Video
DAZN
dTV
FODプレミアム
TELASA
TVer
AbemaTV
WOWOWオンライン
GYAO!
NHKオンデマンド
Paravi

実際に海外から12VPNを使い、各動画配信サービス(VOD)を視聴できるか検証してみました。

12VPNは、複数のサーバーを用意しており、CNサーバーやJP Tokyoサーバーを使い分けることで、いろんな動画配信サービスを視聴可能です。

各動画配信サービスにおすすめのVPNは、各動画配信サービスの視聴におすすめのVPNで解説しているので参考にしてみてください。

サーバーについて

VPN接続する国によっては複数のサーバーが用意してあり、好きなサーバーを選択できます。

サーバーの混雑状況によって通信速度が違ったり、アクセスできるサービスが違ったりするので状況に応じてサーバーを切り変える必要があります。

CN 5 Japan、JP Tokyoなどサーバーの違いは、ホストするプロバイダーの違いです。

  • CNサーバー:中国のプロバイダーがホスト
  • JP Tokyo:日本やアメリカの企業がホスト

自分にピッタリの最速のサーバーを見つけるには、 12VPN公式サイト (中国からアクセス)からアカウントにログイン後、「Servers」→「Speedtest」を実施してみてください。

また、「Servers」→「Add servers」という流れで好きなサーバーを追加できます。

参照 12VPN公式サイト (中国以外の国からアクセス)

 

料金・支払い方法 

月額料金表 ExpressVPN NordVPN 12VPN CyberGhost VyprVPN Surfshark
2年プラン - $3.71 - - $2.50 $2.49
1年プラン $6.67(+3ヶ月無料) $4.92 $5.99 $2.75(+6ヶ月無料) $3.75 $4.98
6ヶ月プラン $9.99 - $8.99 $7.99 - -
1ヶ月プラン $12.95 $11.95 $10.99 $12.99 $12.95 $12.95
返金保証 30日間 30日間 14日間 45日間
1ヶ月プランは14日間
30日間 30日間

※プロモーションで料金が変更されている可能性があります。最新の料金プランは各公式サイトからご確認ください。

ご覧のように12VPNの料金は、安いという訳ではありません。

同時接続台数は、1アカウントにつき6台まで可能です。

 

支払い方法は、下記のとおりで、暗号通貨決済はBitPayに対応しています。

  • クレジットカード:VISA, Mastercard, American Express
  • Alipay
  • UnionPay
  • PayPal
  • BitPay(返金保証なし)

14日間返金保証がついているので、試しに使ってみて、イマイチなら保証期間内に解約・返金してもらうことで実質無料で利用可能です。

 

設定・使いやすさ 

12VPNが対応しているデバイス

Windows, Mac, iOS, Android, Linux, Chrome, Firefox, ルーター, OpenWRT, DD-WRT

12VPNは、パソコンやスマホなど基本的なデバイスに対応していますが、PlayStationやXboxなどゲーム機には対応していません。

スマホデバイスで設定する場合、別途アプリが必要で、若干設定が面倒です。

プロトコルは、Shadowsocks, WireGuard, vMess/v2Ray, OpenConnect, SSTP, IKEv2, IPSec, SoftEther, PPTPに対応しています。

各デバイスでの設定方法については、当サイトで日本語解説しているので参考にしてみてください。

 

安全性 

元々は、香港のAnuson Limited社が12VPNを運営していました。

しかし、中国政府の香港への影響力が強まったため、サービスをオランダへ移し、現在はオランダのWanwire B.V.社が12VPNを運営しています。(現在、Anuson Limited社の活動は、12VPNに代わっての支払い処理のみです)

ただし、オランダは9-Eyesというスパイ協定の影響を受ける点には注意が必要です。

 

12VPNのVPNGUIというアプリには、下記のような機能が用意されています。

キルスイッチ:何らかの理由でVPN接続に障害が発生したときに、ISP(インターネットサービスプロバイダー)にトラフィックが漏れないようにする機能。

 

また、12VPNは、ユーザーの個人情報であるログを一切保持しない「ノーログポリシー」を掲げています。

ユーザーのアクセスログが一切保存されていないため、ユーザーのプライバシーが保護されています。

12VPNが保持している情報は下記のとおり

  • クッキー(Cookie):ユーザー自身のデータと設定へのアクセスのために使用され、トラッキングには使用されません。
  • クライアント情報:メールアドレスと請求書を発行するために必要な支払い情報。クレジットカードの詳細がシステムに保存されることはありません。
  • VPNGUIのアプリログ:トラブルシューティングやサービス改善のため、オプションでアプリログを自動的に共有します。(最大90日間)
  • SmartDNSを使用したときのIPアドレス:別のIPアドレスを使用し再度アクティブ化するかVPNアカウントをキャンセルするまで保存されます。

ノーログとは?

一部のVPNサービスでは、ログと呼ばれる「ユーザーの閲覧サイト・どんなIPアドレスやサーバーから・何をダウンロードしたのかという個人情報」を保存しています。

ノーログポリシーを掲げているVPNプロバイダーは、ログを保存していないため、ユーザーのプライバシーが保護されているといえます。

 

サポート 

12VPNはライブチャットに非対応で、サポートは英語のメールのみです。

サポートは、48時間以内の返信を約束していますが、メールの返信は、非常に早く数十分で返信がくることもしばしば。

英語が苦手な方はGoogle翻訳DeepLを活用しましょう。

 

 

まとめ

12VPNの総合評価 

12VPN

簡単に結論をまとめると、12VPNは、中国のインターネット規制に強く、中国のサイト閲覧や、中国から快適にインターネットを楽しみたい方におすすめです。

サービスは日本語非対応で、設定が若干面倒といったデメリットがありますが、当サイトですべて日本語で解説しているので参考にしてみてください。

12VPN公式サイト (中国からアクセス)

12VPN公式サイト (中国以外からアクセス)

【図解】12VPNの使い方|登録・申し込みから設定まで日本語解説
12VPNの登録・申し込み・設定の流れ

続きを見る

メリット

  • 中国に特化し、中国のインターネット規制に強い
  • 中国専用リンクで中国から申し込み可能
  • プロトコルが豊富

デメリット

  • 日本語非対応なので英語必須
  • 設定が若干面倒
  • チャットサポート非対応(メールのレスポンスは早い)

こんな人におすすめ

  • 中国から快適にインターネットを楽しみたい方
  • 海外のサイトだけでなく、中国のサイトも閲覧したい方
  • 英語に苦手意識がない方

12VPNは、英語オンリーで少しハードルが高い印象がありますが、中国での安定感には定評があります。

そのため、中国在住の方はもちろん、出張や駐在・留学・旅行などで、中国からインターネットを楽しみたい方におすすめのVPNサービスです。

中国専用リンクで中国から申し込み可能で、14日間返金保証がついているので、気になる方はまずはお試しで利用してみるといいですよ。

当サイト限定で30%オフになる特別割引クーポンを用意して頂きました。

支払い時にPromo code欄に「thebestvpn」とご入力ください。

30%割引コード → thebestvpn

12VPNに中国からアクセス

※14日間返金保証

30%割引コード → thebestvpn

12VPNに中国以外からアクセス

※14日間返金保証

12VPNの登録・設定方法については下記の記事を参考にしてください。

【図解】12VPNの使い方|登録・申し込みから設定まで日本語解説
12VPNの登録・申し込み・設定の流れ

続きを見る

-レビュー・検証結果